上京へ⑤~再び東京へ~

あわせて読みたい
過去の恋愛体験(記事のまとめ) 今までの記事をまとめてます。(上から時系列になっています) https://ushinokoi.com/first/ 自己紹介記事です。 「中学生編1・2」中学生のぼくが「性」を意識するはな...
♪過去の恋愛談はこちらからみれます♪

前回の記事はこちら↓

あわせて読みたい
上京へ④~彼とぼくの関係~ 前回の記事はこちら↓ https://ushinokoi.com/tokyo3/ 過去の記事を見ていただくと分かるがぼくは彼に「一目惚れ」してアタックして2人はクリスマスの日に付き合うことと...



研修の疲れて
夜行バスの中では
ぐっすりと朝まで眠っていた。



起きて少しするとバスは
朝に愛知県に到着した。



電車に乗り最寄駅に到着し
彼と住む部屋に帰ったぼくは

研修のことや
企業を紹介してもらった
面談のことを彼に話したが


ケンカをしたくないので
シェアハウスのことは話さなかった




彼は
「おかえり!これでようやく
 ひと段落つきそうだね!」
とぼくに言った。



「うん、ようやくだよ。
 これで就職決まりそうだからさ
 先に東京で待ってるね
とぼくは言う。




そして
このぼくの

東京で待ってるね』の言葉が
叶うことはなかった




☆☆☆




帰ってから1週間後
ぼくは面談のために再び東京へ行き

紹介された企業へと
研修担当者と赴き話をした。


面談は楽しく話して終わり、
仕事内容も経営理念も納得した上で
ぼくは12月から就職することとなった
(約2週間後です)




そしてぼくの
この時の笑顔

泣き顔に変わるような

地獄の日々が待っているとは
この時は思わなかった。



☆☆☆




ぼくは
研修から就職まで目まぐるしくて時間も無く
そして貯金もなかった
(奨学金を返していたから余計に)


なのでぼくは
会社の社宅に住むことにした。



荷物は段ボール2箱
あとは自分のカラダ1つ
彼と住む部屋を笑顔で飛び出した



部屋を出る前に彼を抱きしめて
東京に行くワクワクもあるけれど、

やっぱり
好きな彼と離れることは辛く
お互いに強く抱きしめた。



キスをして手を振られて
ぼくは玄関を出て
電車と夜行バスに乗り
東京へと旅立った…


☆☆☆

「上京へ」シリーズは
今回で終わりです!


次回からは
「東京」シリーズスタートです。




予告!


ぼくは憧れの東京に
住み始めた。仕事を始めた。


会社と社宅の往復
休日にはシェアハウスに行き
ぼくは彼と離れてから
人生を謳歌していた。



少しずつ
彼の存在が薄れる中
ぼくはある人を好きになっていく





バイオレンスあり

セックスあり

浮気あり

略奪愛あり


東京で繰り広げられる
ぼくの人生を変えた4ヶ月が
今始まります…

2013年当時に撮ったものです

あとがき(筆者より)

自分の人生を振り返って
大学を卒業してバイト生活をして
就職するまでの期間が苦しかった
ので

この時の
「就職が決まった」ときは
本当に未来が明るくなりました


「これでみんなと肩を並べられる!!」
なんて思っていました。


そして彼のことは好きなんだけど
でも「一緒にいない方が楽しい」と
なんとなくわかっていたんです。

そのことを
彼と話し合う勇気も
変える気持ちもなくて

ただそのままにしていました。



次回からは
いよいよ「東京」シリーズが
始まります。


今思い出しても
ちょっとしんどいです

でもいつかは
文字で書きたかったこと
なので
どうか読んでいいただけたらと思います。


苦しくて辛いことが待っていても
どうか、どうか
読んでいただけたらと思います。


きっとその先には
「幸せ」が待っている
と思うので。



ということで
次回もよろしくお願いします!!

応援よろしくお願いします!(´∀`)♪

同性愛ノンフィクションブログ(ゲイ)・恋のうっし。 - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

💡よかったらシェアしてね💡
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる