上京へ②~東京へ~

あわせて読みたい
過去の恋愛体験(記事のまとめ) 今までの記事をまとめてます。(上から時系列になっています) https://ushinokoi.com/first/ 自己紹介記事です。 「中学生編1・2」中学生のぼくが「性」を意識するはな...
♪過去の恋愛談はこちらからみれます♪

前回の記事はコチラ↓

あわせて読みたい
上京へ①~上京に向けた状況説明~ 初めての方、いつも読んで頂いている方へ。この記事から読み始めると状況がわかりやすいです! ※ちなみにですけど、今までと同じく現実に起こったことを書いていきます...



「就職プログラム」が決まり
彼に報告すると
「頑張ってきてね!」と応援された。


ちなみにだが
ぼくたちの目標は
「東京で一緒に暮らすこと」だ


彼は東京出身で実家も東京にある。

なので彼は
東京に戻ることを
ずっと考えていた。

そしてぼくたちは
東京」を目指していた。



☆☆☆



「就職プログラム」の研修で
東京に1週間滞在となると
泊まり先をどうしようかと思う。


ホテルに泊まるにしてもお金が掛かり
仕方ないと思うが
他に何か方法がないかと考える。




そこでぼくは
友達が「シェアハウス」で暮らしてると以前聞いて
「その友達に聞いてみようか」と思った。


友達に連絡して
「シェアハウスのみんなに聞いてみるよ」
と友達がぼくに言ってから数日後、

「泊まりに来ても良いよー!
 みんな大丈夫だって!」と連絡が来た。



滞在先が決まり
ぼくが東京の研修に行く準備が揃った。





ぼくはこれから待つ未来にワクワクしていた

『きっと、大学を卒業してから抱えていた荷物を
下ろすことができる。解放される』と思うと
夜も眠れなかった。

(友達は正社員、ぼくはバイト
という関係に対して
贔屓目を感じて距離を置いていたことです)



そして東京に行く日になり
ぼくは彼に見送られて玄関をでた。




☆☆☆





夜になり
見慣れた風景の慣れた乗り場に行き
夜行バスに乗車する。


いよいよ明日から
 何かが変わる第一歩が始まる

そう思うとドキドキしていたが
いつの間にか眠っていて
気づけば
窓の外が明るくなっていた。



新宿。

何度か就職活動で来た
いつもと同じ降り場。

辺りには通勤ラッシュの人たちが
足早に会社に向かっている。

そんな大群にぼくも紛れ
目的地である企業に向かった。


いよいよ
「就職プログラム」が始まる。


そしてぼくの運命が
大きく動き出した。

あとがき(著者より)

いよいよ
ぼくの人生が動き出しましたね!!

今までは身をくすぶらせながら
バイトして過ごす日常を送っていたけど
この時ばかりは本当にワクワクしてました。

きっと自分の中では
久しぶりの何かに対する「挑戦」に
気持ちが高ぶっていたのかもしれません。


今後の展開に期待です!

では次回をお待ちください♪

応援よろしくお願いします!(´∀`)♪

同性愛ノンフィクションブログ(ゲイ)・恋のうっし。 - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

💡よかったらシェアしてね💡
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる