机の上のパン(ぼくはぼくなんだ36)

あわせて読みたい
過去の恋愛体験(記事のまとめ) 今までの記事をまとめてます。(上から時系列になっています) https://ushinokoi.com/first/ 自己紹介記事です。 「中学生編1・2」中学生のぼくが「性」を意識するはな...


うっし

「嬉しい、大好き」
2013年10月4日

朝起きると机の上に置かれてたあんパン。

配置的にボクに差し出しているように思える。
もしくはただ置いているだけかもしれない。

前者だと思ってボクはあんパンを見た。


そのポツンと置かれたあんパンに少し感動した。
きっとサンタさんのプレゼント感覚で感動した。

きっと疲れてるのかな…。


嬉しいんです。
ただただ、嬉しいんです。


彼がボクを想ってくれているだけで。


愛されたいんです。
あんパンひとつで嬉しいんです。


うん。嬉しいの。


大好きなんです。


うん…。



これが前者の場合であればね。

おまけ(現在の自分からのコメント)

きっとみんなも同じような経験があるのでは?
と思います笑

そんな時にメモも何もなかったら
「これ食べてええんかな?」と思い
嬉しいのかなんなのか
よくわからなくなる時があります。

でもきっと
置いているってことは
「食べていい」ってことよねww

前向きな解釈をしてしまうのがぼくです笑

さて久しぶりのぼくの昔の恋愛経験ブログ、
これから再開して
すこしずつ更新していきます!!

現在は2013年のことを書いていて
これから環境がガラリと変わるので
少しでも続けて書いていけたらと思います(*´꒳`*)

応援よろしくお願いします!(´∀`)♪

同性愛ノンフィクションブログ(ゲイ)・恋のうっし。 - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

💡よかったらシェアしてね💡
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる